センサーとArduinoとRaspberry Piでしたいこと(2)

準備したもの。

Arduino UNO R32
Raspberry Pi 2 Model B1
DIGI-XB24-Z7WIT-0042
Arduino ワイヤレスプロトシールド1
DFR0015(Xbeeシールド)1
BME280使用 温湿度・気圧センサモジュール1
FT232RL USBシリアル変換モジュール1

Arduino UNOはプロトタイプとして使ってます。真面目に使う時は互換機を作るなりして、コストダウンを図らないとダメだなとか思います。それとXbeeもXbeeシールドを使っているのだけど、プロトタイプとして作るには便利ですけど、実際に使うとなるとコストがかかるので、これも考えないといけないです。XbeeシールドはArduino ワイヤレスプロトシールドを2つでも良いのですが、DFR0015の方が安かったので途中で路線変更した結果です。

 

これを順番に組み立てて、それぞれで動作確認をしながら組み立てていきます。

  1. Arduino UNOとBME280の接続
  2. Xbee同士の通信
  3. Arduino UNOからXBeeでの通信
  4. Xbee経由でArduino UNOとの通信
  5. Arduino UNOとRaspberry Pi 2 Model Bとの通信
  6. Raspberry Pi 2 Model BでMySQLへの書き込み
  7. Raspberry Pi 2 Model B上のMySQLとCentOS7上のMySQLとでレプリケーション
  8. CentOS7上のMySQLのデータを使って、グラフ化をする

くらいでしょうか。随分としないといけないことが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です