Arduino UNOとBME280の接続

BME280は気圧、温度、湿度が図れるセンサーです。秋月Switch-ScienceでI2Cで使えるようにしたのが売ってますので、それを買ってきます。使い方はSwitch-Scienceの方で使い方が書いてあるので、それを参考にします。秋月Switch-Scienceとでピンの配置と名前が微妙に違うのですが、秋月の方でも、同じ風に接続ができます。ちなみに今回は秋月の方を使用しています(理由は秋月に行ったら、置いてあったので)。秋月の方だとプルアップ用の抵抗が付いているので、それを使えばプルアップをする必要はないのですが、ハンダでつながないといけないとかあるので、そうなるとRaspberry Piで使うときに面倒なのでここではプルアップ用の抵抗は別途用意しています。

BME280

あとはArduino UNOに接続して、Arduino IDEからSwitch-Scienceのスケッチをアップロードしてしまえば動きあす。特に問題はないともいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です