IoTをnode-redを使って考えてみる。

node-redはIoTに必要なプログラミングをブラウザでできてしまうというツールです。基本的な考えは様々なデバイス(

node)から出力されるメッセージ(データ)を取得して、処理して、どこかに投げるというツール(flow)で、直感レベルでできるというのが売りみたいですけど、デバイスとかの知識はないとだめです。

例えば、Raspberry Pi のGPIOの知識がないとLチカはできないです。

読み込んだデータをデータベースにインサートしたり、MQTT(例えば、mosquitto)で別のサイトに転送するとか色々できます。

とはいうものの、センサーから得られるデータをnode-redで処理ができるのかまだ謎なので、センサーから得られるデータを処理するプログラミングを書いて、それをnode-redに読み込ませるというのが楽なのかなぁとか思ってます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です