WordPressのSSL化

wordpressを暗号化もしないで作って、あとでサーバーを暗号化すると、いろいろ問題が起きます。どういう問題が起きるかというと、FireFoxとかでLink先が暗号化していないとか言ってきて警告が出ます。これは見ているサイトが完全に安全な状態ではないよと言っているだけで、エラーではありません。Blogを書いたりしていると、自分のサイト内や他のサイトからの内容を引用する時にLinkを貼ったりしますけど、そのリンクが暗号化されてないと警告が出ている感じです。

他人のサイトはどうしようもないのですけど、自分のサイトくらいは直しておきたいなぁとか思うのですが、wordpressの管理画面からはできない…orz。最初に作ったサイトは変更ができないみたいです(できると書いてあるサイトはあるので、昔のバージョンはできたのかもしれません)。

とはいうものの、Blogのページがたくさんあったりすると、全部を手で書き換えるのは大変です。

wordpressはサイトの設定や記事は全てデータベースの中に入っています。これを手で書き換えて仕舞えばよいのです。方法は、一度、データベースをダンプして書き出します。書き出したデータの中で必要な部分を書き換えてあげます。私のところであれば、「http://www.sasami.jp/」を「https://www.sasami.jp/」に置換をしてあげます。適当なエディター(例えばvi)で簡単にできます。置換後、データをデーターベースに戻してあげます。もしもの時のために再起動すれば終わりです。

一応、問題なく動いている感じです。

この方法が正しいのかわからないので、それぞれの個人の責任において対応してください。

さくらインターネットのVPSでRapid SSLを使ってみる

最近、インターネットで通信するときは暗号化が基本で、暗号化しないで使うのはいろいろと問題が出てしまうのだけど、暗号化するためにはそれなりに費用がかかったりするので、個人で扱うにはすこし勇気がいります。証明書が年間数万円かかるとやっぱし躊躇します。

とはいうものの、最近、なんでも暗号化してしまうという傾向があるんですけど、意味がないのもたくさんあるので、それはそれでどうかなぁとか思ってます。

最近、Rapid SSLといった年間数千円程度の証明書が出始めていて、その程度の値段であれば、あまり躊躇せずに使えるので便利だなと思います。さくらインターネットさんだと1620円で使えるので、便利です。

ということで、普段使っているさくらインターネットさんのVPSにRapid SSLの証明書をインストールしてみました。

SSL証明書の取得のために必要なCSRの作り方はさくらインターネットさんの方に書いてあるので、そちらを参考にしてもらって、申請後のところから話を進めます。

SSL証明書の申請をすると、申請を受けたというメールが届いて、入金手続きに入ります。入金が済むと入金が終了したというメールが届いて、サーバー認証のための手順が書かれたメールが届きます。それに従って認証を行います。サーバー認証なので、サーバーがないといけませんので、事前に作っておく必要があります。CSRを作るときにサーバーは必要なので、あまり問題はないと思います。手順に従って準備すると、しばらくすると証明書のURLが書かれたメールが届くので、それに従って証明書と中間CA証明書をダウンロードして、apacheのhttpd.conf等に設定します。https系はVirtualHostで動かすので、VitrualHostの中に書いてあげます。

再起動をして、動作確認して終わりです。

 

Arduino UNOとBME280の接続

BME280は気圧、温度、湿度が図れるセンサーです。秋月Switch-ScienceでI2Cで使えるようにしたのが売ってますので、それを買ってきます。使い方はSwitch-Scienceの方で使い方が書いてあるので、それを参考にします。秋月Switch-Scienceとでピンの配置と名前が微妙に違うのですが、秋月の方でも、同じ風に接続ができます。ちなみに今回は秋月の方を使用しています(理由は秋月に行ったら、置いてあったので)。秋月の方だとプルアップ用の抵抗が付いているので、それを使えばプルアップをする必要はないのですが、ハンダでつながないといけないとかあるので、そうなるとRaspberry Piで使うときに面倒なのでここではプルアップ用の抵抗は別途用意しています。

BME280

あとはArduino UNOに接続して、Arduino IDEからSwitch-Scienceのスケッチをアップロードしてしまえば動きあす。特に問題はないともいます。

センサーとArduinoとRaspberry Piでしたいこと(2)

準備したもの。

Arduino UNO R32
Raspberry Pi 2 Model B1
DIGI-XB24-Z7WIT-0042
Arduino ワイヤレスプロトシールド1
DFR0015(Xbeeシールド)1
BME280使用 温湿度・気圧センサモジュール1
FT232RL USBシリアル変換モジュール1

Arduino UNOはプロトタイプとして使ってます。真面目に使う時は互換機を作るなりして、コストダウンを図らないとダメだなとか思います。それとXbeeもXbeeシールドを使っているのだけど、プロトタイプとして作るには便利ですけど、実際に使うとなるとコストがかかるので、これも考えないといけないです。XbeeシールドはArduino ワイヤレスプロトシールドを2つでも良いのですが、DFR0015の方が安かったので途中で路線変更した結果です。

 

これを順番に組み立てて、それぞれで動作確認をしながら組み立てていきます。

  1. Arduino UNOとBME280の接続
  2. Xbee同士の通信
  3. Arduino UNOからXBeeでの通信
  4. Xbee経由でArduino UNOとの通信
  5. Arduino UNOとRaspberry Pi 2 Model Bとの通信
  6. Raspberry Pi 2 Model BでMySQLへの書き込み
  7. Raspberry Pi 2 Model B上のMySQLとCentOS7上のMySQLとでレプリケーション
  8. CentOS7上のMySQLのデータを使って、グラフ化をする

くらいでしょうか。随分としないといけないことが多いです。